最新 追記

雪雪/醒めてみれば空耳

2002|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|10|11|
2005|02|04|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2013|05|06|07|09|10|11|12|
2014|01|03|04|06|08|09|10|
2015|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|
2016|01|03|04|06|07|08|09|11|12|

2003-04-01 叙景集

_ 178

【余見】

①本題から外れた意見。ついでの思いつき。②画面の隅にヒッチコックを見つける。

.

_ 179

なにもかも知り尽くしたような娘が、バスを待つのを諦めて、日蔭のベンチで眠り始める。

バスになって、何台でも通り過ぎてあげたい。

.

_ 180

「二段ベッドの上の段は、下の段とおなじぐらい好きです。あなたのことは、上の段と下の段を合わせたぐらい好き」

.

_ 181

(どこか)

わたしたちがけっして辿り着けない星系で起こる月蝕

(闇のなかでのみ燦めく)

文明という概念に気付かないまま築かれ滅亡の意味を知らぬまま滅びた都市

(漂っているのは)

虚空に開いた眼を閉じることができずにいる無意味という意味を持たない言語

(したためられた)

二億年遅かった告白

(それを彼方へ)

満たされ方を捜し求める飢餓

(投函しに行く)


2003-04-02  道によって夢みられた都市

_ そこには行ったことがない

硬く引き締まった雪のうえには

足跡さえ残らない

.

愚か者としての責任

自分の判断を信じないという責任を果たすために

.

そこには行ったことがない

.

宿命に欲望はなかった

運命に意図はなかった

.

.

なにげない日々のいとなみとして

理解を絶するものを相手に戦うこと

戦いという概念さえ共有しないものと敵対すること

自分などもはや存在しない場所で

意味もなく価値もなく

美しくもない宝物を見つけること

宝物と呼べばそれは蔑称であるような宝を

小皿から沢庵をつまみあげるように

口に入れる

,

相応しいものなどいないが故

それはなにも待たない

手にしたものも手にされたものもそれと知らない

.

そこには行ったことがない

.

.

ただ偶然だけが戦線を動かす

すべて

届いてのちにしたためられる手紙のような生き方で

ありとあらゆる奇跡のなかに紛れるたったひとつの奇跡でないものを

書き付ける

.

道によって夢みられた都市に到る

道の知らない道

.

そこには行ったことがない

そこは辿り着く場所ではない


2003-04-03 携帯式偶然

_ 思わぬ場所でふと流れ始めた聞き覚えのない音楽。それがぼくにとって最高のコンディションだ。

「うわ、いーい曲だなあ。誰のなんていう曲だろう?」そう思いながら、奪われてしまった耳を傾けているとき、音楽はいちばんすてきに聴こえる。

だから、そういう状態を人為的につくる。

_ 中古CD屋に行って、見切り品を中心に勘と経験でジャケ買いをする。できるだけたくさん。

家に帰ってざっと聞き流す。お、と思った曲はMDにダビングする。ダビングを終えたCDはライブラリに加える。収穫のなかったCDは売却の山に直行。でも、ちょっとはっきりしないやつと、三年ぐらい経ったら好きになりそうなやつは残す。そうやって寝かしておいたやつをときどきおさらいしてまた選別。

どういう曲をどのMDのどのへんに入れたかなんてすぐに忘れてしまうから、こうして「ぼくの耳をとらえたが素性の知れない曲」だけを収めたMDがたまってゆく。

_ 天気の良い日に、二百枚くらいになったMDのなかから適当に二三枚択んで、ポータブルプレーヤーを携え、自転車ででかける。

流れる曲流れる曲新鮮で、心揺さぶられてしまうので、ほどなくランナーズハイに突入する。

雲を眺め道を眺め雲を眺め道を眺め樹々のあいだを縫う坂道を息も荒く登り詰めると、いきなり視界が開ける。

眼下の田園地帯をふたつに分割する高架線の行方に視線を投げたその瞬間、聞き覚えのないギターソロの水音が流れ始め、視界の果てまでしずしずと響き渡っていく。吸気と呼気が一拍、深くなる。

メロディを眼で追いながら、サドルにまたがったまましばらく、動けなくなる。


2003-04-04 叙景集

_ 182

宇宙の果てというものはどうなっているかというと開き直っている

どうにでもしやがれ矢でも鉄砲でも持ってこれないもんね

.

_ 183

どこかでお会いしましたね。今。

.

_ 184

目的を忘れることを目的とした結社が、その目的を忘れ去ったまま存続しているが、忘れ続けることを目的とすることができない。

.

_ 185

折り重なり岐れ交差し擦れ違う階段と、それを昇降するに足るだけの空間が存在する宇宙。

狭苦しく見晴らしのない空を、埃色の鳥の群れが、階段を流れ落ちる水のように飛ぶ。

.

_ 186

あなたの心はわたしの体

.

_ 187

「みっつだけ、なんでも願い事を叶えて差し上げます」

「わたしが願って後悔しない願い事をふたつ教えたまえ」

「はいはい、『生まれてきたい』『生まれてきたことを認識したい』。これなら後悔しませんな、あなたは」

「それはとっくに叶っているじゃあないか」

「じゃあ、取り消しますか?」

.

_ 188

人知れず泣いた数と人前で泣いた数の、多いほうから少ない方を引いてください。たったこれだけで、あなたの宿命数が算出できます。その数がちいさいほど、あなたは幸せです。

.

_ 189

かみさまにおいのりしてるときかみさまがちらっと時計をみるのいや

.

_ 190

【エクストレム氏病】

結婚式の司会をよく頼まれる病気。

.

_ 191

睡るものと吠え猛るもの、そして雫を垂らすものが旅をした。

眼にごみが入った惑星でおちあい、ノルウェー202経由で<座っている猫の後姿>βを斜めによぎり、杜若の殻竿まで。

雫を垂らすものが旅先で読むために持ってきた三冊の本を、かわりばんこに読んだ。

吠え猛るものはペースを合わせるためにゆっくり読まなければならなかった。おかげで、睡るものの感想も、ふだんより腑に落ちた。

.

_ 192

月のひかりは 

もし月が反射してくれなかったら 

宇宙の深淵を

いつまでも

どこまでも

落ちて行ったはずのひかり

.

_ 193

「しぬってどういうことなの?」

「〈送信〉をクリックしちゃった、ということです」


2003-04-05  とりたててなにもない日の歴史

_ 日付を付け忘れられた日みたいに、人生になにも起こらなくても、「いまここに現在がある」という事件が、いつも起こっている。

すべてがここで覚醒する。すべてがここで入眠する。

誰のものでもないこの絶大な権力。

_ 現在自身だけが、ただひとり現在を知っている。だから現在は、それを知らぬものがどんなに強靭な空想の翼を広げても、けっして到達することができない地名。仮説として語ることもできない地形。

_ 最初に存在する方法を見つけたのは、現在だろうか、それともそれ以外のすべてのものだろうか?

それはもしかすると、事実と空想のどちらが旧いか?という問いだろうか。


2003-04-06 叙景集

_ 194

◆森◆

主語が主語であるという文章の主語は主語であるという文章の主語は主語が主語であるという文章の主語であり述語は主語であるである

.

_ 195

◆都市◆

「『主語が主語である』という文章の主語は主語である」という文章の主語は、「『主語が主語である』という文章の主語」であり、述語は「主語である」である。

.

_ 196

白日夢をみていたはずだったのに夜だ。

.

_ 197

おそろしい色の肌におもしろい絵が描いてある

.

_ 198

どうして誰もいないのだろう?この街には。

街の中心にある、白い不定形な時計塔。螺旋状に群れる天使たちに掲げられた時計をじっと見詰める。この針が、動いてみせるなら、この街がまだ生きている徴候だ。

動いているようでいないようで、しかとは見定められない。するうち、この時計が進むまいとするいとまに、時を追い抜かんとして急き立って経過しつつある「時ではないもの」がいることに気付く。

陽射しではない光を傾かせてゆき、今しもみずからの影を私に届かせようとして。

_ 「永遠じしんにとって、とめどない時間は無意味だ」

「無限じしんは、じぶんが果てしないことに気付かない」

「不在じしんは、立ち去ることができない」

_ いる。

こんなにこんなにたくさん、「誰もいないこと」がいる。


2003-04-07 未視感をともなう既視感

_ 細かく説明すると台無しになってしまう話というものがあって、合点がゆかない人には申し訳ないが、ある特定の種類の人達は、あのときぼくたちが微笑んだように微笑んでくれると思う。

.

脈絡なしに「タイコンデロガ」と聞いて、ハドソン川の要塞の名か横山宏デザインのシャトルオービターの名か迷う人は、博識といっても妙にいがんだ人だと思うが、「ニジンスキー」と聞いてダンサーか馬か迷う人は稀ではない。もちろん馬のニジンスキーはダンサーのニジンスキーに由来するわけだが、馬の方のたいそうな名馬になってしまって、今はもう馬のほうなら知ってるという人のほうが多いんじゃないかな。

.

いきなり怒気を含んだ声で、固有名詞を叫ばれたりするのも戸惑う。わかりにくいか。「富士箱根伊豆国立公園!」みたいな。ちょっとそれってつまりナニオコッテルデスカ?みたいな。

意味はない。ただのたとえである。

以下はたとえではなくて、固有名詞で怒られた話である。

.

雑駁な内容の同人誌を作っていたことがあり、ミニコミみたいな体裁にして地元の書店で売っていた。この一味はぼくの通っていた大学にもサークルとして籍を持っていたが、それは予算をせしめるためであった。実態はサークルではないからむろん学外の人間もいる。

エヴァンズという加だったか英だったかの留学生がいて、どういう素性の留学生だったか忘れたが、白人のくせにやたら手先が器用で、大工仕事はお手の物であった。

学祭の前、出し物はなんだったか、あてがわれた教室にたむろして作業をしていたとき、エヴァンズにまかせておけばいい仕事に誰かがしゃしゃり出て、不格好に仕上げてしまう、ということがあった。

遅れてやってきたサブリーダー(ミステリーなんかてんで興味ないことをみんな知ってる文学少女)が、きっと眉をしかめた。「これは怒るな」と身構える俺達。おいおい俺をにらむな、俺は手を出してない。さよなら式に手を振ってみるが無為。

そして彼女は由緒ある言葉を発した。

「どうしてエヴァンズに頼まなかったの!?」

続く数瞬、すばやい視線が交錯し、俺の眼は何人かとかち合った。一様にびっくりしたような眼をして、にんまり笑っていた。俺もおなじ顔をしていたにちがいない。

他愛ないことである。がしかし、あのとき身中に溢れた不当なほど強烈な幸福感は、今もって忘れ難い。おそらくそれは、文化というものの息吹それ自体だったのだ、ってホントですか?

(あっ、ゴメン。頼む・・・・・微笑んで)

.

本日のコメント(全56件) [コメントを入れる]

Before...

_ viagra pfizer [mknmlrfi uolqgcio xsychmlr]

_ cialis [wrgfkijm awrnkyyu ljrhqlms]

_ achat cialis generique [zwccitlc lnygqgsn wlwcfbrb]

_ acquistare cialis online [rjwsvrhx jkoqfnfz bivpwcjk]

_ compra viagra generico [wcxjkufh aaclhcbz iywiioso]


2003-04-08  苺の進化論

_ 言葉は蜜蜂みたいにせっせと働いています。にんげんからにんげんへと、すごい速さで飛び回っています。あんなに一生懸命なのはきっと〆切があるからなのでしょう。にんげんという種の季節が変わる前に、蜜を集めてしまわないといけないんだ。

なんでも次の季節の変わり目には、いまにんげんが言葉として使っているものは、言葉ではなくなるのだそうです。

言葉はお野菜やお肉やお米や果物になって、食べられるようになるらしい。

二人で一緒に苺を食べれば、おなじ苺感情になれるのです。骨髄の田舎から出てきたばかりの初々しい血の色です。ぷつぷつのある空間です。いい匂いのおしらせです。

そして少し距離をおいてみれば、石垣促成栽培で育った恋の味が、匍匐枝の蔭から誰かをねらっているのが視えるかもしれない。

ここに書いたこの言葉が、未来の苺の原種になったりするのかもしれない。


2003-04-09 ものごころが離れた頃

_ なんだか最近売れている本もあるようだし、「意識は無意識の決定を追尾しているだけで、肉体に命令を下しているわけではない。意識は人格の中心ではなく、テクニカルな挿画ほどのものだ」という知見も、やがて常識になっていくのだろうか。

_ この解釈を支持する実験データが一般書でも紹介され始めたのは、8〜9年前あたりだったか。新鮮な切り口には軽薄に飛びつく習性だが、そのときは躊躇した。その認識による人生観の変更がけっこう大規模なので、難儀な作業になりそうだったからだ。どっか抜け道がないかなあとうじうじ悪あがきした。

落ち着いて考えてみれば、解釈・加工済みの単なる表象にもし判断の実権があるのなら、我々は実際よりもっとトロくさ〜い生き物であるはずで、内省的にもさほどの悪あがきの余地はなかったわけだが。

_ 無意識がきっちりやることをやって、それを俯瞰的な体験の像に加工して意識に送り込むまで約0.5秒のタイムラグがあるそうだが、意識には「0.5秒前にはこんなことしたよ」という報告ではなく「これが今俺がやってること」という設定で届くので、意識のほうは自分のいる映画館が二番館であることには気づかない。ただし、マジ危機一髪のシチュエーションでは、無意識は意識にかまってる場合じゃなくなってしまって、そのあおりで無意識のほうの異様に高速の処理過程が、意識のほうに漏れ出してきたりもする。

_ うーむと納得してから、この表象の私に自己同一性の基盤をおくことはやめてみることにしたのだが、かと言って、「これ」と指し示すことができないものに移し換えるのも難しい。いろいろとあらわれる既成の常識との齟齬も厄介だ。人生の指針となるものがない。導きがないと踏み迷ってしまうところが我ながら情けない。

けれども、ごく稀にだが、おや一足先にご苦労なさっておられる方がいる、と感じることがないでもない。

特にバーナデット・ロバーツの『自己喪失の体験』と、クリシュナムルティの『瞑想録』は、以前読んだときとはまるで印象が違って、確か前にも落ちたのだが、また別のウロコが眼から落ちた。

本日のコメント(全50件) [コメントを入れる]

Before...

_ footballoddsblog [atcake.com is incredible, bookmarked <a href=http://foot..]

_ XRumerTest [Hello. And Bye.]

_ cotslopispeli [detox foot bath ion detoxify detox spa machine ..]

_ marijuana [Hello , you are good writer, i love your site <a href=ht..]

_ pay per install [Hello , atcake.com rocks ! <a href=http://www.youtube..]


2003-04-10 叙景集

_ 199

長い長い夢の旅路の終わりに、ついに夢の女神の座所にたどり着く。

女神はしどけなく寝そべったまま、振り向きもせずに言う。

「あんたもう死んでるから、この夢、醒めないほうがいいよ」

.

_ 200

昨日とはなにひとつ似ていない一昨日は 明後日の妹ではない

.

_ 201

「とても信じられないわ。こんな話」

「信じるも信じないも君の自由だよ。あらゆる言葉はあらゆる意味をあらわすことができるから、全部作り話で、全部事実なんだけどね」

「その話ほんとう?」

「その質問が本気ならぼくの話は嘘」

「なら嘘ね」

「その結論は嘘」

「OK。正しい合言葉だわ。さ、入って」

「ごぼごぼごぼ」

.

_ 202

鳴らなくなった目覚まし時計が、一日二回むずかる。

.

_ 203

窓の外を眺めていると、着慣れぬ和装にとりあえず体を突っ込んだ感じの蜜柑が、心許ない足取りで通り過ぎて行った。

成人式だとすれば、果実としては破格の長命である。

匂いに魅かれてか、うすく眼を閉じた少年がひとり、少し遅れてついていった。


2003-04-11 叙景集

_ 204

いいわけに自信があるときの 女の顔が好きだ

体でも心でも 女をひっくり返すのが好き

.

_ 205

妹にはかたちがない。人肌というよりは欠け落ちた空のようにあおくけぶって、山の尾から切れ上がる紐のような道なりに、ここまでは届きようもない匂いの手紙を寄越しつつある。山彦を追いかけることを諦めた山彦のように。

.

_ 206

日ごろ通わない角度で、日が傾く。空の面にかすかに残る軌跡。かすかに響くきしみ。

.

_ 207

それはマラカイトグリーンとビリジアンのあいだにうまれ、かすかに大気に刷かれたマゼンタによって育まれた。ある特別な視界だけが、それを特定できる。

それはいま棕櫚の葉蔭に潜み、獣を待つ蛭のように、視界の訪れを待っている。存在の痕跡を残すこともなく消え去るそのときまで。光がそれを構成してくれる偶然の僥倖にすがって。

.

まだ名付けられたことのない色彩がひとり、

一瞬の寿命を通して待ち続ける。それを認知できる視界の通過を。願わくば詩人の視界を。詩は、ただいちど出会ったものにつけるひとつの長い名前だから。

.

_ 208

眼からウロコが落ちた人は驚きのあまり、ウロコの裏に書き残されたお別れの言葉を見逃す。

本日のコメント(全56件) [コメントを入れる]

Before...

_ compra viagra [npofygst rufppgqo uvawhibs]

_ cialis [dgkpzrui lguwkjbu wjzywaot]

_ viagra cialis [eyoshxrh jbflzcwg sfarngjy]

_ acquisto viagra on line [zakmszoz yrtonbqa yhbungoh]

_ cialis pas cher [wouwffzf oifvfogf mowetxdg]


2003-04-15 話が逸れてゆく、その方角

_ 「なにを考えているんですか?」

「自分がなにを考えているのか、考えてる」

「それがわからないんですか?」

「あなたがなにを考えているかはわかる」

「わたしの考えなんか浅いですから」

「深い浅いじゃないよ。聴きなれない方言で考えているから、じぶんにわかりにくい」

「どこの方言ですか」

「発音できない」

「どこの近く?」

「うーん、二歳ぐらいの近く」


2003-04-16  比重と浮力

_ 疑ったりしない。だから不安にならない。

信じない。だから落胆しない。

_ 神も。じぶんの判断も。どこに行き着くのかということも。


2003-04-17 相談に乗って出かけよう

_ 「言わなければならないことがあるのに声にならないときはどうしますか?」

「その質問を書いてみる」

「で、そう書き出してみたと。どうでした?」

「聴き取らなければならないことがあるのに耳を忘れたらしいんだよ、先方が」

「それで字を書いてるわけですね」

「声を知っている人の書いた文字は耳を想起させるの法則」

「たとえ話で、言いたいことを浮かび上がらせるようなものですか?」

「いや。たとえ話として読まれれば、言葉はなにかを浮かび上げるということ」

「言いたいことが、あろうがなかろうが」

「そう」

「世界をたとえ話としてみれば、世界が奇蹟であることが浮かび上がってくるとか?」

「むしろ、ありとあらゆることがすべてどんなことであっても別のことにたとえられることが奇蹟なんだよ。そしてもとの話よりも強いか速いか容量のちいさいたとえ話を見つけ出せたら、それがもとの話になる」

「系譜学ですか?」

「たはは、それはわるいたとえだなあ。作者が書けてないことを読者が読めてしまうことってあるだろ?」

「それってよいたとえ?」

「いや・・・・・・・言葉の力頼みの読む人まかせ」

本日のコメント(全50件) [コメントを入れる]

Before...

_ viagra [vmkcwp [url=http://genericviagrafd.com/]viagra[/url]]

_ payday loan [qqvigqtu [url=http://instantpaydayloansonlinetx.com/]payda..]

_ payday loans australia [lvpvzse [url=http://instantpaydayloansonlinewa.com/]payday..]

_ buy viagra [pvzltq [url=http://buyviagrata.com/]buy viagra[/url]]

_ payday loans online [yubtoca [url=http://instantpaydayloanspd.ca/]payday loans ..]


2003-04-18  「我あり」と惟う ゆえに我あり

_ 無意識は現在に縛られない錯綜する高次元のサーカスである。

ばらばらな認知情報の時系列を無意識が整理・編集して、〈ここ〉—表層意識で結い合わせ、はじめて現在ができあがる。その編集・統合の手間暇により私の現在は世界の“現在?”からいつも0.5秒遅れる。

現実は体験を現在の連続に編集しなおすまで待ってくれるほど悠長ではないので、判断と決定、肉体への命令伝達は無意識がおこなう。私がこの文字を「打とう」と思った瞬間より前に、すでに私の指には無意識からの命令が飛んでいる。

私が「○○しよう」と決めたとき、それは表層意識が決めたのではない。行為のために、基本的に表層意識は必要ではない。表層意識はひたすら自分(無意識)が一瞬前なにをしたかという報告を受け続けている。わがこととして。

_ いったい無意識(自分)は自分になにを教えようとしているのだろう?この大胆に削除・校正された表層意識(私)を介して。

もしかするとこれは、製本の過程だろうか。体験に時刻というページを振って書物を開くように思い出すために。

私が思い出をよみがえらせるとき、思い出はすでに抜粋編集されて「日付と時刻」という固有名詞をうしなっているが、しかしやはりそれは現在のかたちをとる。と言うより、現在だったことがあるものだけが、思い出の称号を戴くことができる(とはいえ、この「戴冠」には非合法な径路もあるのだが・・・・それはまた別の話)。

_ 自分からの離れがたさを苦しむ人がいるけれど、その苦しみはことによると空虚かもしれない。

私達はあらかじめ自分から離れているのであって、このゆえに自分を認知することができる。

私はそれ自身でないものと同一である。つまり(含意を殺す言い方になるが)表層意識は先行する無意識の行為を表層意識自身の行為として認知する。

この構制は文字通り自同律などではなく、私達がたとえば「光」を独特の技法で認知することと同様の仕方であり、つまりは「同一」ということの独特の認知である。

私達はしばしば「私達それぞれの見ている赤は、おなじ〈赤〉だろうか?」という問いを発する。同様に私達は「私達それぞれの見ている同一は、おなじ〈同一〉だろうか?」と問うことができるだろう。

_ 「現在」は体験の系列のピークとして、もっとも鮮烈でリアルなものとして製作される。「現在」は私の「いる」場所として体験系列の揺るぎない玉座となる。だからこそ「同一」の認知に障害が生じれば人はたやすく「私がいなくなってしまった」と証言するのだし、翻ってみれば、「現在」よりリアルで鮮烈な体験を知ることができれば、私の(認知的な)究極性を解体することが可能であることを意味する。

(変性意識状態のなかでしばしば、時間や私がなくなってしまったように感じるのは、おそらく「現在」が点的な時刻から周囲に線的面的立体的に流れ出してしまうためだろう)

本日のコメント(全50件) [コメントを入れる]

Before...

_ generic soft tab viagra [rohemhv [url=http://genericviagrafd.com/]generic soft tab ..]

_ cash advance [jafgmagf [url=http://instantpaydayloanswa.com/]cash advanc..]

_ payday loan [xfphxay [url=http://instantpaydayloanswa.com/]payday loan[..]

_ payday advance [vgkntg [url=http://instantpaydayloansonlinefl.com/]payday ..]

_ instant Payday Loans [fhvkor [url=http://instantpaydayloansonlinesc.co.uk/]insta..]


2003-04-21 叙景集

_ 209

「その名前だけは付けられちゃダメって、生まれる前にちゃんと言っておいたじゃない!」

.

_ 210

草原に配置された台座が六芒星形を構成している。

六つの先端と内側の六角形の頂点、そして中心。十三の台座の上にぼくらは二人ずつ座って、夜明けを待っている。ひとりの僧とひとりの赤ん坊を一組にして。ルクラーにはリーン、イントナールにはユエ、そしてぼくとアユトワ。

赤ん坊は僧たちの組んだ脚の上におさまって、地平線に心を吸い寄せられたような遠い眼をさまよわせている。

ぼくは、アユトワの頭の匂いを、嗅いで落ち着く。

_ 地平線から最初の曙光が届いたとき、ぼくらは心をひとつにして、十三人の赤ん坊のもとにものごころを喚び寄せる。過ぎ行く時を振り返らせるほど鮮烈に、十三の幼い国の千の森で、すべての花がいっせいに開花する。十三の燦然たる悟りは、僧たちの絞り込まれた意思と綯い合わされ、暁に向かい暁を貫くひとすじの甲高い視線となって走る。

心が達し得るもっとも速い速度で、心が行き着けるもっとも遠いところへ悲鳴のように届こうとして。

.

やがて、そのとき眠っているすべての睡眠者の夢の東方からかすかに、角笛の音のように一息で語られる物語が響き渡ったならぼくらは、彼岸の彼岸、あの世のあの世から、ものごころの次なるあたらしい目醒めを携えて戻ってくるはずだ。

.

_ 211

【比例計数管】

日本各地に自生し、イタリアの古典主義を代表する彫刻家。太く短い根茎から直立し、先端に総状花序をつける。5月から6月にかけて、関東・中部地方一帯に薄紫色の反革命軍を組織し、各セット2ポイント連取制の確立に貢献。南山律宗の祖、道宣は実弟。

.

_ 212

陸は陸軍に入隊し、海は海軍に仕官する。そして空軍にはなにものも属さない。

本日のコメント(全87件) [コメントを入れる]

Before...

_ Web design Osaka by a Gaijin [It is well-known that Nippon has its own, pretty unequaled..]

_ maccosmetics [I like what you guys are up also. Such clever work and rep..]

_ Kaminska [Our collection of ideas is a mile long and tips will certa..]

_ VitpMunz [GrnmrNAt]

_ Kaufen generika Levitra [YizETy Comrade kill yourselff]


2003-04-22 叙景集

_ 213

滅び去った世界を見詰めるあなたの横顔にときめいてしまっても

.

_ 214

カネカツの前の歩道橋を渡って姉の家まで。

途中長いことシャッターが下りたままだった貸店舗がすっかり小綺麗になって、美容院が開店している。店内は壁沿いにぐるりと鏡が張り渡されているので、奥行が二倍になり、向こう側も通りに面しているように見えて気持ちよく明るんでいる。

数年ごとに美容院を見かけると、スタンダードな内装のパターンがすっかり様変わりしているので、「これは美容院なんだな?そう思っていいんだな?」と、自分に念を押さなくてはならない。

古典的な美容院の印象は、可及的すみやかに薄れてもらいたく。

.

_ 215

合わせ鏡の四十四枚目の鏡像から、二百十五枚目の鏡像に引越しました。少し息苦しいので、少しからだを慣らしたら、思い切ってもっと奥の方に引越します。

.

_ 216

夕刻、鴉の鳴き交わす声がだんだんと近づいてくる。また四丁目あたりに森が来ているのだ。

.

_ 217

「博愛という概念について教えてください」

「へだたりを越える愛です」

「それは、つまり、虫に対する花のセックスアピールみたいなものでしょうか?」

.

_ 218

やけにこんもりした森だと思ったら、全体が一本の樹だった。

してみると遠景の小高い山に見えるものは実はたわんだ平原かもしれない。

山肌にあたる斜面から、その角度のぶんだけ斜めに、三筋四筋煙が立ち昇っているところを見ると、そこは村かもしれない。

ぼくは立ち尽くしているつもりだが、陽に暖められた土のいきれが背中をぽかぽかさせているからには、ひょっとすると横たわっているのかもしれない。

.

_ 219

季節を束ねて、みっつに分けてみる。

.

_ 220

人の眼には見えるか見えないかのダニとして、

薬指の指紋を観光している。

壮大な迷宮は、地下の血流に震え、温められ、うすく透きとおってきらきらしている。

老廃物を食べながら歩いて行くと、壁の一部が崩れている。

切れ目から隣の通廊がのぞける。

はっとするより早く、分厚い壁越しに昔の恋人の横顔と横腹がよぎり、

ぼくは投げつけるように「廊下を走るな!」という意味の匂いを発するが届かない。

.

_ 221

規則に違反するためのルールを侵す際のきまりには服従しない約束を破棄することを誓う

.

_ 222

呆れ果てたように女は歩き去って行った。唇だけがぼくの唇に残った。いらないんだけど。ぺり。

.

_ 223

旅立つ者には故郷のように、帰り着く者には異郷のように想われる都に、不穏な噂が流れる。

この都は、少し先の未来で、時が折り返したなごりであると。

過去だけになった時の視線が、ちょうどこの街の歴史に沿ってさすり合いながら磨耗しているのだと。

朝が暮れ夕べが明けるのはそのせいであると。

産声を上げたとき人はもっとも賢いので、乳飲み児は大人たちに必死に警告するのだが、かろうじて理解するものは幼く、有力な者たちは消え残った不安の抜け殻をいわくありげにささやくばかりで、指導者は無意味な目配せで希望を封じ、おいおいみずからの息の根を止める。

.

_ 224

「神に愛されていると感じるのはどんなときですか?」

「なにげなくテレビをつけると見逃した回の再放送だったとき」

.

_ 225

修学旅行の夜、ふとんのなかで百物語をしていたら、山下先生におこられた。無表情なので、ものすごくおこってるのがわかってこわかった。入院してて修学旅行に来られなかったはずなのになあ。

.

_ 226

脱走計画を合議している夜の図書館の書物たち

.

_ 227

爪の伸びが異様にはやい。

見詰めていればくくっと伸びてくるところが見えるかと思い、指の腹の側にまわって腰掛け、じっくりと眺めにかかる。丸三日もたたぬうちに、雑に切ったときの面影を残したままの爪が、指先の向こうから、のっそりと這い上がってくる。

本日のコメント(全50件) [コメントを入れる]

Before...

_ cash advance [jjxnsuo http://paydayloansusafsi.com/ cash advance]

_ payday loans UK [dbbtamoi http://paydayloansukfsh.co.uk/ payday loans UK]

_ generic cheap viagra online [sfouhl http://genericviagradsc.com/ generic cheap viagra o..]

_ cheap viagra [jminji http://cheapviagradsb.com/ cheap viagra]

_ where can i buy viagra online [rehqmam http://buyviagradsb.com/ where can i buy viagra on..]


2003-04-23  とどまり続けるための速度

_ 「あるひとりのひとのなかに好奇心が不在のとき、勇気は暴力である」

エイールソング・ザナディ

_ 好奇心に対する好奇心は最後の砦かもしれない。

それは「好奇心が失われてしまった」ことににも関心を持つ。

「好奇心に対する好奇心が失われてしまった」ことにさえ関心を持つ(「好奇心に対する好奇心」はあらかじめ、「好奇心に対する好奇心に対する好奇心」であるから)。

さほど戦力はないので、本国が陥ちてしまったらどうしようもないが、しかしこの砦はあらかじめ衛り切られている。

ひとたび建造をなしうれば無謬。

潰えることのないほんとうにちっぽけな希望。

常に敵より一歩先んじて、どこまでも撤退を続ける。砦ごと。

退くごとに速度を上げ、閃くけしきにめまいしながら

それでもここがいつだって、最初の場所と知っているから。


2003-04-24 「どうしてそんなところに立っているの?」

_ 東山魁夷の「道」。

あの、ミントの香りみたいなふわふわのみどりいろに縁取られた道。

_ 故郷の海岸通りの道端に、「『道』の碑」という小さな碑柱が立っている。

ここで描いた、というわけではない。

魁夷が、ちょうどこの場所に立ったときにあの絵を着想したのです、という記念碑。

とある画家があるときここでふとなにかを見たのです、というだけの記念碑。

_ そんなことを記念してよいのだったら、いろんなすてきな記念碑をたくさん思いついてしまうね。

_ 世界にはきっと、眼に見えない個人的な記念碑がそこらじゅうに立っている。

ぼくらはいつも記念碑とすれ違ったりすり抜けたりして歩いている。

_ ときどき理由もなく立ち止まって、誰かの記念碑と重なってみる。

そのときそのひとが見ていたものをそっと、盗み見てみる。

本日のコメント(全9件) [コメントを入れる]

Before...

_ credit report score [I liked your post about 醒めてみれば空耳(2003-04-24). Your website..]

_ viagra rezeptfrei [ The best things come in small pa..]

_ FeerKadeforma [Please one more post about that.I wonder how you got so go..]

_ Preatrema [Hello I enjoyed yoiur article. I think you have some good ..]

_ viagra samples [Hello I enjoyed yoiur article. I think you have some good ..]


2003-04-30  提出期限を過ぎた宿題

_ ひとりの白いひとと永遠に別れ

たくさんの黒いひとと二日間会った

_ 残された黒いひとがさんにんで

いままでいちどもはなしたことがないことをはなした

ひとりは泣きひとりは驚きひとりは表情がなかった

さんにんでわらった

そろって息を吸うときだけ 沈黙がおりた